スタッフブログ

10月23日 ボランティアステップアップ研修

2016.10.23

 

ぐんま昆虫の森では、ボランティアスタッフの方々の知識や技能の向上を図る機会として、「ボランティアステップアップ研修」を年8回行っています。

本日は「里山解説基礎研修」を行い、29名のボランティアスタッフが参加しました。里山ガイド経験の豊富な4名のボランティアの方が講師となり、4班に分かれてフィールドを探検しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 本園で行っているプログラム「里山歩き」のガイドをするための心構えや役割について、約2時間の研修を行いましたが、参加者の皆さんは講師の話に、熱心に耳を傾け、楽しみながらも真剣に取り組んでいました。

 講師がトンボに”催眠術”をかけると・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あら不思議!?トンボが動きません!!しかも、手のひらの上で卵を産んで二度びっくりでした。

バッタの原っぱを中心にフィールドのどんな場所にどのような昆虫が隠れているか、また、その特徴についても講師の方が丁寧に教えてくれました。また、お客様とのやりとりのコツなどもいろいろ紹介してくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加したボランティアも引き込まれるその話術・・・。勉強になりました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 ボランティアの皆さんが生き生きと活動できるよう、そして何よりも来園者の皆さんに「楽しかった~!」と満足して帰っていただけるよう、これからもステップアップ研修を行っていきます。

 

10月18日 昆虫の森の生き物

2016.10.18

ヒメジャノメの幼虫

ヒメジャノメの幼虫

除草作業をしていたらヒメジャノメの幼虫が出てきました。頭の形がキティーちゃんのような可愛らしいイモムシです。

 

オオハラナガツチバチ

オオハラナガツチバチ

アザミやセイタカアワダチソウの花で見かけます。体の長い大型のハチです。土の中にいるコガネムシ類の幼虫に産卵し、寄生します。

 

里山生活体験(民話を聞こう)

2016.10.15

10月15日(土)里山生活体験「民話を聞こう」を実施しました。

「民話を聞こう」では、地域に伝わる民話の語りだけでなく、紙芝居や絵本などの読み聞かせを行っています。子どもたちの年齢や様子にあわせて、どのお話をするか決めているので、小さなお子様も楽しめますよ。

看板民家

「民話を聞こう」は3つのグループに担当してもらっています。

さて、今日はどんなお話を聞かせてくれるかな?

3匹の蝶 絵本1

上のの写真「3匹の蝶」は地域の民話を元に、すべて手作りした紙芝居だそうです。すごいですね!

「へんしんトンネル」では、みんなで一緒に声を出しながら楽しく読み進めていきます。

「ななじゅう・ななじゅう・ななじゅうななじゅうなな・・・・じゅうなな!」

「あ、70歳のおばあちゃんが若返っちゃった!いいね~。」

絵本2 実施の様子

これは大きな恐竜の絵本。真剣に聞き入る子の後ろ姿が愛らしいですね。

たくさんの方にお話を聞いていただき、ありがとうございました。

2月11日(土)、3月4日(土)にも「民話を聞こう」があります。ぜひ、聞きに来てくださいね。

 

 

 

10月10日 昆虫の森の生き物

2016.10.10

DSC_8361

アカスジキンカメムシの幼虫

赤く色づいたウメモドキの実に、アカスジキンカメムシの幼虫が実の汁を吸いに来ていました。

 

クチナガガガンボ

クチナガガガンボ一種

アザミの花でクチナガガガンボが、体を上下に動かしながら吸蜜をしています。

 

クロメンガタスズメの幼虫

クロメンガタスズメの幼虫

クサギの幹に大きなクロメンガタスズメの幼虫が張りついていました。

 

 

 

里山生活体験(稲刈り)

2016.10.08

10月8日(土)に里山生活体験プログラムの「稲刈り」を実施しました。

天候が心配でしたが、晴れ間が出て暑いくらいでした。

まず、スタッフから手順や注意点などを説明しました。参加者は、真剣に聞き入っていました。

親子で一緒に稲を刈り、「こうかな?」と苦戦しながら、稲をひもでギュッとしばっていきます。

刈り方刈ってみよう

しばった稲は「はぜ」にかけ、乾燥させます。

子どもたちは、刈ることに夢中で「わたしに任せて!」とばかりに、どんどん刈ってくれました。

わたしにまかせて スタッフと子ども

はぜかけ全体写真web

最後に全員で記念撮影をして無事に終了しました。参加していただいた皆様、大変ありがとうございました。

収獲したこの「もち米」は、精米して来年1月15日(日)に行う里山生活体験「もちつき」で使用します。あんこもち、きなこもち、辛みもち。おいしいですよ。ぜひ、ご参加ください。