お知らせ

季節展「秋の野山の昆虫展」・企画展「セミたちの夏」開催しています!

2021.08.30

〇秋の野山の昆虫展 VOL16

鳴く虫やバッタ、トンボなど秋の野山の虫たちをテーマにした、日本最大のイベントです。秋の虫たちのくらしについて、生態展示やパネル解説を見ながら楽しく学んでみませんか。
虫たちの声に耳を傾けて楽しむことは、すばらしい日本の文化のひとつです。秋の鳴く虫たちの音色も楽しんでみてはいかがでしょうか。

開催期間
令和3年9月4日(土)~10月24日(日)

展示内容
パネル展示29枚、標本約200種類、
生態展示26種類(例クツワムシ、マツムシ、カマキリ等)

展示内容
主に以下の3つのテーマで構成しています。
①バッタ、コオロギ、キリギリスについて(鳴く虫)
鳴く虫の歴史について、からだのつくりやくらし、それぞれの違いについて
鳴く仕組みや鳴く理由について
②カマキリについて
からだのつくりやくらしについて、天敵について
③アカトンボについて
からだのつくりやくらしについて、アカトンボの見分け方について

会 場

ぐんま昆虫の森昆虫観察館1階

〇第18回企画展「セミたちの夏」

セミの基本的情報と環境問題など、そして、自由研究のヒントとなる情報も満載です!

開催期間
令和3年7月17日(土)~10月24日(日)

展示内容
パネル展示16枚、
〇日本のセミ 33種72個体 〇世界のセミ 23種53個体
ペーパーアート 7体

展示内容
① 夏を代表する身近な昆虫「セミ」(セミ上科位置づけと特徴)パネル1
② 日本産セミ全種図鑑 パネル2
③ 日本列島とセミ(日本産セミ類の分布)パネル3
④ セミと季節・セミが鳴く時間(身近なセミの発生消長と鳴く時間帯)パネル4
⑤ クマゼミと温暖化(茅ヶ崎市の中央公園におけるクマゼミの増加)パネル5
⑥ 人が運んだセミ(タケオオツクツクはどこから来たのか)パネル6
⑦ セミのくらし(アブラゼミの一生)パネル7~8
⑧ セミのからだのつくり パネル9~10
⑨ セミの観察(羽化を見よう・ぬけがら調べ)11~12
⑩ セミの標本づくり パネル13
⑪ セミの飼育 パネル14
⑫ セミトピック(ジュウシチネンゼミの大発生)パネル15
⑬ セミの王様コンテスト (セミ人気投票)パネル16

会 場
ぐんま昆虫の森昆虫観察館3階

●共通事項

費 用
無料(入園料が別途必要)
(入園料:一般410円 大学・高校生200円 中学生以下無料)

休園日
月曜(祝日の場合は翌日火曜)

開園時間
9:30~16:00
(入園は15:30まで)
※予約制の実施予定はありません

〇「秋の野山の昆虫展」の様子

  

〇「セミたちの夏」の様子

  

 

 

お知らせ一覧に戻る