スタッフブログ

7月5日 昆虫の森の生き物たち

2022.07.05

ニイニイゼミも鳴き始め夏が来た!という感じですが、梅雨が短かったせでしょうか?樹液の出が今一つです。
今週の雨の後に期待したいと思います。最近見つけた夏らしい昆虫たちを紹介します。


ニイニイゼミ


セミの塔を始めて見ました。セミの幼虫が土を掻きだし積んでいく様子を見てみたいですね。


オオムラサキとオオスズメバチ

 


ノコギリクワガタ


スジクワガタ


アオスジカミキリ


ヤツメカミキリ


ヒメカマキリモドキ

 

 

6月14日 昆虫の森の生き物たち

2022.06.14

梅雨の晴れ間に会いたい昆虫といえば、ゼフィルスたちです。
雑木林の陽がさす空間で縄張りをはり、卍ともえ飛翔をするオオミドリシジミが見られました。

下草でミズイロオナガシジミも見られました。

冬の間、カシの冬芽に擬態していたカギバアオシャクが成虫になり始めています。

フタコブルリハナカミキリが栗の花に来ていました。

栗の葉裏にカタビロトゲトゲがいました。5㎜ほどの刺々した小さなトゲハムシの仲間です。

サンゴジュでフン擬態の蛾の幼虫をみつけました。なんの幼虫か見当がつかず
専門員に聞いてみたら、ミナミクロホシフタオの幼虫だと分かりました。

 

 

6月4日 昆虫の森の生き物たち

2022.06.04

ヤナギなど樹液が出ている木が見られるようになりました。入れ代わり立ち代わり
いろいろな昆虫がやって来ます。
 
モンスズメバチとキイロスズメバチ       ヨツボシオオキスイやハエたち

 
マダラアシゾウムシ              コクワガタ


カブトムシは園内の初見は出ましたが、本格的に出始めるのは7月です。

園内ではめったに出会わないコヤマトンボがいました。

シンジュサンがライトトラップに入りました。

冬の間、幼虫越冬していたミミズクも成虫になりました。

5月21日 昆虫の森の生き物たち

2022.05.21

ガマズミの花に園内ではあまり見かけないカミキリムシが来ていました。
調べてみるとヤツボシハナカミキリのようです。個体により色や模様に違いがあるようです。

民家前のピラカンサの垣根が沢山の花をつけ、アブやハエなどが飛び交っています。垣根をのぞくとウメエダシャクの幼虫も見られます。
すき間にはゴミグモも巣を張っていました。

ウメエダシャクの幼虫

 
ゴミグモの巣(ゴミの真ん中にクモがいます)  獲物がかかり、ゴミの中から出てきました。


巣の端っこにゴミグモのオスもいました。

スイカズラの葉に細長い食痕があったので、その周りを探してみるとシラハタリンゴカミキリがいました。

アケビ棚でアケビコノハの幼虫を見つけました。この幼虫を見つけるとやっぱり嬉しいですね。

ミズキの葉の上にアカスジキンカメムシの成虫がいました。

クロスジギンヤンマやヤマサナエなど初夏の大型のトンボも最盛期です。

休耕田でクロスジギンヤンマが産卵していました。

5月4日 昆虫の森の生き物たち

2022.05.04

芽吹きの季節はあっ!という間に過ぎて、新緑の雑木林になりました。
爽やかな風が吹く森を歩くと、キンラン、ギンランが見られます。
 
キンラン                   ギンラン

クロアゲハやヒメウラマミジャノメも飛んできました。
 
クロアゲハ                  ヒメウラナミジャノメ

民家前の果樹園のハルジオンには、たくさんのウスバシロチョウが来ています。
 

ホソヒラタアブや丸い体のセスジハリバエも目にとまります。
 
ホソヒラタアブ                セスジハリバエ

水辺では春のトンボが次々と出始めています。
 
ニホンカワトンボ               シオヤトンボ(オス)


ヨツボシトンボ

サワフタギの葉にはタイルを並べたような模様のシロシタホタルガの幼虫が大きく成長しています。

1 4 5 6 7 8 9 10 66